第10話 ロンリー・カイマン/ナイトメア・ビフォー/まんじゅうコワイ

ログを残しませんか?

みんなのログ

☆☆☆☆☆
4.9
おぉ…。血しぶき、人体欠損、ゴキブリ。これまでいくつものバイオレンスな描写が描かれた本作ですが、今回の契約シーンはダメだった…!目を逸らしました!
ドアを開けるように胸部分をこじ開け、あばら骨やらなんやら見えるところ…!
ニカイドウは別の意味で嫌がっていましたが、自分もあんな感じでしたね(笑)

そのニカイドウ(お姫様)をカイマン(王子様)が助けに行く、「王道過ぎるシチュエーション」が築かれているさまが最高です。
この1クールで全ての謎は解けないでしょう。ですが、その1クールの締めくくりがハッキリと見えるさまは安心感もありますし、燃えます。全体的に邪道が犇めく作風ですが、作品の支柱は王道で成り立っているから、ここまで見続けることが出来ました。

邪道の部分に魅力がないわけでなく、ラストの「逃走するカスカベとジョンソン」に対し「それを阻止する心と能」。これまで両方の活躍をしっかり見ることができたので「どっちを応援すればイイ!?」的な感覚がありますね。あんなに嫌いだったジョンソン(ゴキブリ)の安否を心配する日が来ようとは(笑)

2020.03.18 23:20