TV

ネコぱら

フォローするとこの作品や関連IPの最新情報をマイページから受け取ることができます。

ネコぱら

コントリビューター

生ハムメロン / tosten

エピソード

関連動画

スタッフ

その他情報

公式サイト https://nekopara-anime.com/ja/
公式Twitter @nekopara_anime
公式Twitterハッシュタグ #ネコぱら
Wikipedia ネコぱら

みんなの感想

☆☆☆☆☆
4.8
これが最終回でも良かった気がします(笑)。
3人の間の親愛度というか、カカオが現環境にすっかり慣れ親しみ、幸せ度最高潮に達したこの瞬間で。
でも、これで終わってしまったら、序盤に言及していた「カカオには他の飼い主がいるかもしれない描写」を丸投げすることになってしまうんですよね…。

思い返せば自分、この作品に「多少のシリアス」を求めていた時がありましたね~。
前述のカカオの件だったり、ショコラとバニラが捨て猫だった描写もあってか、「以外にもそっちの路線に行くのか…!?」みたいに。
でも、本作はそれとは真逆のコメディー路線で駆け抜けてきたわけで…。それを踏まえると「コメディー」か「感動」か、「どちらで締めるんじゃ!?」と。最終回はかなり予想が難しいなと思ってみたり。

でも「カカオとの出会い」で始まった物語であるから、真っ当に行けば「お別れ」で締めるのでしょう…。真っ当に行かなければ、それはそれで「ありだな」と受け取る準備は出来てますが(笑)。

2020.03.21 22:20


☆☆☆☆☆
4.5
初っ端から余談気味になってしまうが、「猫を外に放し飼いしてはいけない」ということ事を最近初めて知ったのだ。(相変わらずのアホww)
だって、未だに首輪付きの猫は外で見かけるし、そもそも某国民的TVアニメの「サ〇エさん」に登場する猫のタマは放し飼いであったはず!
あんなもの、ただのアニメと思うなかれ、あれが流布するイメージはかなりの影響力があるはず!

そんな状況の中、今回の「鈴が無い猫は外出禁止ストーリー」をやってくれたのは、健全ではないアニメが健全な知識とイメージを流布する、素晴らしい生産的な内容に仕上がっているな、と思うのは自分だけではないはず(笑)。
とはいっても、彼女(猫)らが外出できないことに嫌悪感を感じることは、現実の猫でも思っていたりするのでは感じてしまったり…。
窓から外を眺める猫たち…。かれらに“自由へのあこがれ”なんてものがあったりするのかなぁ…。

2020.03.15 23:14


☆☆☆☆☆
4.7
「常時発情タイム淫乱メス猫ムスメ」というのが、シナモンに対しての印象だったり、評価というのは、おそらく視聴者の大半の共通認識だったはずです(笑)。
ですがこの回を経て、大きくその認識が変わったのも、おそらく自分だけではないかと。

歌手になりたいがための足掛かりとして、メイプルはとある歌のコンテストに出場しようとしますが、物怖じしてしまい、逃げ出してしまいます。
そんな彼女を奮い立たせたのが、シナモンなのです。普段の彼女の振る舞いから想像もできないような、毅然とした態度で大切な人(猫)を導く姿には、威光が射していました。
すいません、シナモン様っ。「常時発情云々」のイメージは取り消させていただきますぅ(汗)。

そのシナモンの行動の甲斐あってか、メイプルはコンテストで優勝。夢に一歩近づいたのです。自分の予想では「惜しくも落選」の展開を予想していたので、ちょっと意外性を感じました。(常に定位置で話を紡ぐ、日常ものとして見ているので)
最終回付近で、彼女らの生活に何か「激動」があったり、なかったり…?(カカオ関係は何かありそう)

2020.03.08 22:56


☆☆☆☆☆
4.4
「結局ネコかよ!」という話。
というのも、今回主役となる『時雨』は番組公式サイトのプロフィール欄に「会社を持っている」という、かな~り気になる素性を持っているのだ。そこに突っ込んでくるのかと思いきや、ネコ達に懐に突っ込んで行きましたよと…。
まぁネコ(美少女)を楽しむアニメなので、会社経営を映したところで、食べ合わせが悪いということなのか…。

「何に悩んでいるか、当の本人も分からない」というのは斬新な切り口。
ただし、よくある「将来への漠然とした不安」とかではなく、季節の変わり目に起きた「ネコの温もり不足」というしょーもないオチなので、ちょっとでもシリアス風味を期待してしまうのは要注意だ。

そんなくだらなさはあれど、実質ハーレム状態の睡眠シーンを温かい目で見守れるのが、時雨さまが視聴者に与えてくれるメリットであろうか。
仮に時雨が男であれば、あのシーンに殺意が沸き上がったはず。おい!そこ変われよ!と(笑)

2020.03.01 22:50


☆☆☆☆☆
4.8
「猫なしで一晩過ごせるでしょうか…?」
猫好きにはかなり響く凄まじい名言が爆誕しましたよ、コレ。
うん、こんな嵐が吹き荒れる不安な夜こそ、猫たちと身を寄せ合い、晴々とした朝を待ちたいものだ…(なんかエロいこと考えてんな、コイツ…)

まぁ当の猫たちは不安など微塵も感じておりません(笑)。
むしろ余裕ある雰囲気で「クソおとぎ話」を連発し始めました。これが中々のユーモアがあるというか、カオスな笑いがあるというかwww。
「泉の水全部抜く!」超どこかのTVで聴いたようなフレーズ!前々回も「タカ!トラ!バッタ!」と仮面ライダーネタを唐突にぶち込んできたので、「それ系」のネタを楽しめる人はかなりヤミツキになる作風が頭角を現してきたなと。

オチもしっかり用意されていて、脚本の人の「お笑い好き」が窺える仕上がりに。
何?お前もこの感想に秀逸なオチを用意しろだぁ?
やかましいわっ!百裂肉球!にゃにゃにゃ!(ぶん投げエンド)

2020.02.22 23:48


☆☆☆☆☆
4.5
やたらと「猫の尻尾の可愛さ」が強調された回。そこにフォーカスしても、何も違和感を感じさせない競技を抽出したことが制作者のこだわりを感じたり(笑)

アズキとココナツのいつも通りのケンカから発展した運動会。他の猫らは参加する必要ないだろと言われそうなのだが、ケンカというのは常に周囲に影響を与えてしまうという戒めを込めての展開なのでしょう(そんなわけねーだろ)
何だか既視感あるなと思いきや、「芸人大運動会」の文字が当てはまってしまうほど、バラエティーよりの競技構成。「癒し」はもちろん「笑い」さえ猫に求めてしまうとは、さすが時雨ちゃまか!

ケンカするほど仲が良いといわれますが、「ケンカを通じて、相手の思いを受け止める」ことこそが重要だと思います。
ココナツはまだ1歳。これからアズキの事も知り、自分の事も知って貰い、ますます仲良くなっていくことでしょう。

2020.02.15 17:12


☆☆☆☆☆
4.5
子供の成長は大半が育て親の見えないところで成されるものですよね。
今回の出来事、ショコラ達が知る日は来ないのだろうなぁと思うと、ちょっと寂しい気分に…。

カカオが「ショコラ達のために何かしてあげたい」と思い、行動したのは大きな進歩!
その過程で友達が出来たり、タイヤキを好きなったり、カラスの大群に襲われたり(笑)
その友達に対し、最初はこれまで同様どこか素っ気ない態度であるも、カラスの奇襲には助けに入ったシーンは熱い感動がありました。秘めたる「優しさ」が溢れ出てるなと。

ショコラ達以外にも猫(美少女)が確認出来たのは夢が広がりますねぇ。そこら中にあんな可愛い生物が分布してのかと!
まぁ現実でも可愛い猫(獣)はそこら中にいるわけですが(笑)

2020.02.08 15:26


☆☆☆☆☆
4.8
あの捨て猫だった?子猫の名は『カカオ』になりました。
理由は「カカオケーキが好きだから」と。にぼしも好きではありますが、可愛くないとのことでスルーされ…。カカオも可愛いか?(笑)

なんだか前半は猫のあるある仕草満載の内容でした!
といっても、自分の猫の動きの知識はネットやTVに映し出される動画の範疇ですが…。
とくに物音に驚いた「特大ジャンプ」は面白動画では鉄板の仕草だと!
さすが番組終了間際に猫の動画を映しまくる、取材の徹底ぶりが活きているのか…?

後半の身体測定。これは…、カカオの猫手で繰り出されるパ〇タッチに、自分の顔は人に見せられないようなニヤケ面になっていたなぁ、という一言でしょうか…。
ありがとうございました!!(変態)

2020.02.01 00:19


☆☆☆☆☆
4.7
前回からショコラはあの子猫の事が頭から離れず…。
でもそれは子猫も同じだったという、分かりそうで、分からなかったオチが最高に心を和ませます。
時雨宅に住まう猫たちも、彼女に優しく接しはしましたが、やはり「同じ匂い」に勝るものは無しという事なのでしょうか。

「ずっと一緒に居られるね」とショコラは言いましたが、ある日ひょっこり元の飼い主が出てこないなんて根拠は全くないとは言えず…。2話で言及された「飼い猫かノラ猫か」の区別がされず仕舞いなのが引っ掛かるポイント。

1話から3話に掛けての壮大な「引き合わせ」構成だったため、別れがあるとしたら心が張り裂けてしまう予感…。

2020.01.25 22:27


☆☆☆☆☆
4.8
ショコラとバニラはかつて捨て猫だった…。普通の姿であれば、アニメではめずらしくもないシーンですが、それが幼き女の子が段ボールの中で縮こまっている絵面になるのですから、インパクトがすごい。

捨て猫だったからこそ、ショコラは「捨て猫かもしれない」彼女に一生懸命どうにかしようとする様子は見ていて感動すら覚えます。
「猫を人間のように描写しているからこそ」可能なシナリオですね。
のほほん系かと思いきや案外感動路線なのか。

人間の2人の対応も結構現実的な判断の下、行われている事が好感触です。身元が不明なのですぐに“飼う”事はダメだと。
見た目は女の子なのに徹底して「猫」として扱われる彼女達。ちょっとやり方を間違えれば批判を浴びてしまう要素ですが、丁寧かつ愛がある感性が作品の支柱になっています。

2020.01.17 22:23


今期のアニメ