TV

進撃の巨人

フォローするとこの作品や関連IPの最新情報をマイページから受け取ることができます。

進撃の巨人

Check!

このIPにはアニメ以外に「漫画」があります。

漫画 : 進撃の巨人

コントリビューター

ミズウミ

最新ニュース

エピソード

関連動画

キャスト

スタッフ

その他情報

公式サイト http://shingeki.tv/season1/
公式Twitter @anime_shingeki
公式Twitterハッシュタグ #shingeki
Wikipedia 進撃の巨人

みんなの感想

ネタバレ
☆☆☆☆☆
4
以前見た時も思ったことですが、女形戦は意外とあっさり終わってしまいましたねえ。
それだけエレンの覚醒が凄まじかったという事なんでしょうが、若干消化不良の感じがありました。いや、(巨人とはいえ)女形をあれ以上にボコボコニする主人公って絵面もどうかとは思いますが。
そして1期は、壁の中から”アレ”が見えたところで終了と。ああいうストーリー展開を見ていると、どこまで計算して物語を作ってるのか、ちょっと恐ろしくなりますね。

2019.12.24 09:56


ネタバレ
☆☆☆☆☆
5
あらゆる意味で「アンチ少年漫画」な回だと思いました。
覚悟の決まっていないエレンと、覚悟ガンギマリなミカサとアルミンの対比は面白いですねえ。漫画的には主人公っぽくないエレンの状態ですが、実際のところリアルなのはエレンの方だと思います。即割り切りができるミカサとアルミンの方がおかしいんだよなぁ……。
エレンの覚悟の決まり方も「殺す」なのが中々に秀逸。「倒す」だと理性的というか、まだ組織的な考えによる「仕方なさ」がありますが、「殺す」は完全に自分の怒りによるように窺えます。一概には言えませんが、その覚悟って割と後に響く致命傷な気がするんですよねえ……。どうなんざんしょ?
良くも悪くも1期はあと1話を残すのみ。できれば2期~3期も見たいので、再放送してほしいものですが、はてさて。

2019.12.15 22:48


ネタバレ
☆☆☆☆☆
5
先輩方の退場と、エレンブチギレ。
この辺の話が、個人的には進撃の中で一番好きです。「仲間を信じろ!」っていう正論に対しての挑戦というか皮肉というか……。「仲間を信じたからみんな死んだ」っていうのも、実際にはあり得る話なんですよねえ。これを少年漫画(一応?)でやる判断がお見事。
先輩方の実力の描写も好きなんですが、何より先輩方の死体とすれ違う兵長の表情が好き。一見普段と変わらないし、何より何かを口にするわけでもなく、ただ見つめて前に進む感じに、たまらなく胸が痛くなります。皆さん生きていてほしかった。生きてエレンと兵長の支えであってほしかった……。
エレンVS女型の格闘戦も、ハイスピードでお見事。お互いに”中身”の特色が出た動きなのも、スタッフの原作愛が感じられて最高に良かったです。

2019.11.26 17:43


☆☆☆☆☆
4
女型戦の一応の終幕……?
割とすっきりしない終わり方なんですよねえ。進撃らしいと言えばそうなんですが、割と挑戦的だと思います。ストーリーが寝られているからこそ許されている感じですね。
色々と起こってはいるんですが、文章として表すのは難しい話でした。とりあえず、ジャンの指揮官適性とかサシャの勘の鋭さとか、それぞれにキャラクター性が描写されてるのはやっぱり上手いなぁと思います。

2019.11.16 22:27


ネタバレ
☆☆☆☆☆
4
調査兵団の先輩たちが光る回ですね。
皆さん本当いい人たちと言うか、人格者揃いだなぁ、と。個人的に「よくこんなの噛み切れるな」ってセリフが好きです。単純ですがきっちり優しい。
兵長のセリフも突き刺さりますね。兵長の過去編は未読なんですが、まあ、多分数えきれないぐらい仲間を喪っているんでしょう。「自分ができないことを人に求めるな」って論調がありますし、個人的にも基本はそうなんですが、全部に当てはまる理屈じゃないことを思い知らされました。視野狭窄、ダメ、絶対。
この後の展開を知っているだけに、次回以降が憂鬱です。完結後でいいので、ご都合ルート的に全員生存パターンが欲しい……。

2019.11.09 13:48


☆☆☆☆☆
4.5
トンデモねースピード感と恐怖。改めて思いますが、ほんとマップギミックみたいな敵だと思います。女形の巨人。
立体軌道の戦闘シーンはやはり滑らか。カメラワークもいい意味で変態的で、うまい事視聴者の心境を煽って来るなぁ、と感心しました。
あと、ジャンはやっぱりいいキャラしてるなぁ。ああいうことを言えるキャラって、ともすれば不人気な嫌な奴になりがちですが、ジャンは不思議とそんな感じしないんですよねぇ…。視聴者に目線が近いからか?

2019.11.02 12:00


ネタバレ
☆☆☆☆☆
5
個人的に、『進撃の巨人』のベストバウトはこの回だと思ってます。
アルミン、ジャン、ライナーVS女型の巨人。圧倒的な力に、何とか対抗しうる個人技の集合で立ち向かうって展開はやはり至高。
エレンやミカサ、あるいは兵長たちベテランとは違い、恐怖し、迷いつつも大義に殉じる心の動きは、新兵であるジャンやアルミンでしか描写できない動きだと思いました。
話の落としどころも、謎を残しつつきっちり落とすところに落としている感じで綺麗。全部知ってると「おお……!」となる動きもあり、進撃の中でも、1.2を争う名バウトに違いはないと思っています。

2019.10.29 20:45


☆☆☆☆☆
4
朴璐美さん大暴れ回でした。
基本的に重たい話ではあるんですが、話のトーンを維持したままネタ方面にも振れるキャラっていいなぁ、と思います。
原作では色々と明かされてるみたいですが、私はアニメでの公開まで我慢…。
来年の今時期まで我慢できるかは、正直なところ甚だ怪しいのですが。

2019.10.14 13:55


☆☆☆☆☆
3.8
調査兵団の大人たちが本格登場。
アニメの最新まで見終えた後だと、若干キャラが違って見えるのはご愛敬ですね。ハンジさんとか、この時期だと輪をかけてやべー奴に見えます。
あと兵長の容赦のなさは、何度見ても笑います。あれ絶対必要な演出以上じゃない?有効ではあったけどさぁ…。
ともかく、次回から調査委兵団編。全て知ってから見ると、結構いろんなところで発見があるので、その点が楽しみです。

2019.10.05 22:22


ネタバレ
☆☆☆☆☆
4.6
いよいよ調査兵団メンバーの顔見せ。立体軌道シーンの作画の良さは、何度見てもさすがの一言。声優の皆さんの熱演もさることながら、個人的に注目したいのはキッツ中隊長の声優の、志村知幸さん。調べてみると、キッツよりも濃いキャラも、一般的なイケメンキャラも演じている方のよう。正直あまり名前をの印象がなかった方でしたが、ベテランの演技の迫力が凄まじかったです。

2019.08.31 13:13


今期のアニメ