okiniはIP作品でつながる
ファンコミュニティーです

IP(Intellectual Property)が展開されているラノベ・漫画・アニメなどの
メディアミックス情報の把握、感想の記録をすることができます。
ユーザーがもっと便利に、たくさんのokini入りの作品と出会えるように
サービスを提供していきます!

初めての方へ

今期のアニメ

今期のアニメ一覧へ

最近発売された漫画

最近発売されたラノベ

最新!みんなのアニメ感想

☆☆☆☆☆
3

2020.08.27 17:01


☆☆☆☆☆
3

2020.07.16 02:01


☆☆☆☆☆
3

2020.07.16 02:00


ネタバレ
☆☆☆☆☆
3

2020.07.16 01:59


☆☆☆☆☆
3

2020.06.16 19:33


☆☆☆☆☆
3
えろい

2020.05.30 00:11


ネタバレ
☆☆☆☆☆
3

2020.05.27 01:56


☆☆☆☆☆
3

2020.05.10 00:26


☆☆☆☆☆
3

2020.05.02 07:41


☆☆☆☆☆
4.3

2020.05.02 01:46


☆☆☆☆☆
3
M

2020.05.02 00:40


☆☆☆☆☆
3
いいね!ゲゲゲの鬼太郎!

2020.04.29 18:14


☆☆☆☆☆
3.9

2020.04.15 10:08


☆☆☆☆☆
3

2020.04.08 21:19


☆☆☆☆☆
3

2020.04.06 20:42


☆☆☆☆☆
3

2020.04.03 22:12


☆☆☆☆☆
4.6
あおはこんなに熱意があるのに「どーして選考ではじかれたんだ」と思っちゃいますね。(その熱意に関して、七海の指摘があったのは良かったです。これは主催者側の好みに左右される問題だと感じてます)
それに加え、選考を通過したみら以外の2人。その内のアイドル好きの娘はなぜ通過で来たんだと悩んでしまうほど、小惑星に対する思いや知識が欠けていて…。この娘自体を悪者にするわけではありませんが、この展開は「現実もそーゆー事ってあるよね」という感じで受け止めるしかないのかと…。

でも、そんな微妙な出会いも彼女たちにはきっとプラスになるのかもしれません。
遠藤先生もかつてこの「きら星チャレンジ」の出会いでかけがえのないものを手にいれました。それは目標であった「小惑星発見」ではなかったのだけれど、それ以上の価値なのかもしれません。
しかし、だからといって「手に入れたものは友情だった」と締めるのもいささか芸がないというか…。(その穴埋めになる“何かが”あれば問題ありませんが)
押しつけがましい願望ですが、「発見した先」にある彼女の達の「次」をみたいと思うのは自分だけでしょうかね。

2020.03.22 22:20


☆☆☆☆☆
5
よくもまぁ戦いもせず、ここまで状況を無茶苦茶にしてくれました、ぬらりひょんは。
そうするとは思っていましたが、バックベアード一味を毒殺。相手方は怪しむだろうと先手を打ち、自分には効かない毒を盛り込んでの殺害は敵ながら、あっぱれでしょうか。
「“まな”が全ての元凶」という見解も分かっていらっしゃる。悪く言えば、まなの善行が鬼太郎の中にあった人間のイメージを覆してしまったのですから。
でも、ねずみ男がそのまなを手に掛けるほど、腐っていると思っていたのは一縷の過ち。いえ、ねずみ男が一枚上手だった感じでしょうか。

鬼太郎に復活の余地があるのは、最早既定路線。ですが、そのためにねこ娘がまたも命を落とすような流れは「もしや、このまま死んでしまう事は無きにしも非ずなんじゃ…」と心配してしまいます。
この展開に繋げる仕込みを一年も前にやっていたのだから、感動と怖れが入り混じった、何とも言えない感情が胸に渦巻いています…。

2020.03.22 22:18


☆☆☆☆☆
4.9
面白いバトルアニメ(漫画)に必須な要素と言えば「魅力的な敵キャラ」だと思います。
でも敵キャラなのだから、いつかは「負けてしまう日」が来ます。でも、その瞬間を乗り越え、語り継がれるキャラっていますよね。(DBのフ〇―ザーや幽〇の戸愚〇弟だったり…)
自分的にはその大物たちに匹敵するほど『ミィ』にそんな魅力を見出してしまいましたww(好きになったという表現が正しい?)

今回が彼女の初の本格的戦闘シーンのお披露目だったわけですが、気合の入った作画!(この作品はもうこのクオリティがマストと言っていいかも)
あの多芸を極めているメイプルに対し、「よくあそこまで渡り合えたな!」と褒めたくなります。追い詰められたミィの傍ら、物々しいBGMが流れていたのは忘れません(笑)。スタッフ方もメイプルを怖れを抱く恐怖の対象として描いてるのかとww。
最後は自爆まで決行するも、メイプルを倒せず、泣いてしまったミィちゃんww。カッコイイシーンもカワイイシーンも1人で作り上げちゃた最高のキャラです!(もう一度活躍を拝めるとしたら、2期が無ければ…)

もうそこに驚くことはないのですが、ペインに深手を負わされたメイプル。彼との戦闘の勝敗には「メイプル側の敗北」を望んでいます。
その展開をやれば面白くなる、といった意見ではありません。ペインが「メイプルと戦ってみたい」と感じていたように、次はメイプルが「ペインと戦いたい」と、目標を持ってくれた方が2期も作り安そうですしww。
何よりも、「主人公は大きな目標を持っていないと…」と思い、今作にイマイチはまり切れなかった人達を取り込める要素になるのではと(笑)。

2020.03.21 22:22


☆☆☆☆☆
4.8
これが最終回でも良かった気がします(笑)。
3人の間の親愛度というか、カカオが現環境にすっかり慣れ親しみ、幸せ度最高潮に達したこの瞬間で。
でも、これで終わってしまったら、序盤に言及していた「カカオには他の飼い主がいるかもしれない描写」を丸投げすることになってしまうんですよね…。

思い返せば自分、この作品に「多少のシリアス」を求めていた時がありましたね~。
前述のカカオの件だったり、ショコラとバニラが捨て猫だった描写もあってか、「以外にもそっちの路線に行くのか…!?」みたいに。
でも、本作はそれとは真逆のコメディー路線で駆け抜けてきたわけで…。それを踏まえると「コメディー」か「感動」か、「どちらで締めるんじゃ!?」と。最終回はかなり予想が難しいなと思ってみたり。

でも「カカオとの出会い」で始まった物語であるから、真っ当に行けば「お別れ」で締めるのでしょう…。真っ当に行かなければ、それはそれで「ありだな」と受け取る準備は出来てますが(笑)。

2020.03.21 22:20